LONELY COYOTE PUSH!!

ロックユニット「ロンリーコヨーテ 」がオススメを綴るブログ!!

Apple musicとSpotifyの比較

所謂音楽のサブスクリプションサービスが普及し始めた頃、まずはApple MUSICが日本では先だった。

iPhone愛用者の自分は迷う事なく登録をした。

その内やたら「Spotify」いや「スポティファイ」という言葉を聞くようになる。

なんとも「発したくなる。」フレーズ。
そして、一見「スポティファイ」も読めない「Spotify」更にメディア初め各所で聞くそれらが徐々に気になっていった。

その内友達も徐々にSpotifyを使っていく。

Apple MUSICに特に不満を感じていた訳ではないがどうにも気になるので3ヶ月100円(だったかな?)のキャンペーンに乗っかって登録してみた。

そしての後Apple musicに戻るも、またすぐにSpotifyに戻った。

その理由を書いてみる。


Spotifyの良い点

UIが好み。

Apple musicよりは無機質な感じですがこちらはポップでお洒落な感じです。

まあメインカラーの違い1つの気もしますが。

好みの新しい曲に出会える

曲を流してると知らぬ間に自分で入れた覚えがない曲が流れてきます。
これはSpotify側が好みの曲を認識して似た曲を流してくれるんですよね。
ここが1番おススメ!という人が多いかな。

ただApple musicも設定次第で同じ様な事が出来ると聞いた覚えがあるんだよな。

Spotifyの悪い点

曲、アーティストが探しづらい。

うまく表せないのですがApple musicの方がロジカルに探せる感じ。

動作が重くなりがち

これが1番の難点だった。タップしても反応しないなって事が良くある。

ただこれは解決策を知った。
単純だが一度アプリを終了する。
これだけだ。

どうやら端末自体の重さが連結してしまうらしい。

このような事はApple musicでは無いのでこれが原因で一度戻った。

Spotifyに戻った理由

最後にSpotifyに出戻った理由を。

上記のようにそこまで大きな差はないので、動作の軽快さでApple musicに戻った訳だが、戻った直後にギターウルフ のセイジさんが選んだストーンズの曲のプレイリストがリリースされた。

セイジ(ギターウルフ)-THE ROLLING STONES プレイリスト【Exhibitionism-ザ・ローリング・ストーンズ展】 on Spotify

以前にはザ・コレクターズの映画「さらば青春の新宿JAM」の挿入歌プレイリストがリリースされたりもした。
映画「THE COLLECTORS~さらば青春の新宿JAM~」使用楽曲 on Spotify

この様な面白いプレイリストは大変魅力だ。
(これまたApple musicでも有るとか無いとか。)


なんというか今新しく出るものがSpotifyに集まってる以上、やはりこちらにいた方が面白いのでは?と思った。
だからとりあえずはSpotifyでいこうと思う。


先日見つけた記事だが、この様な視点でのApple musicからSpotifyに移行も有るんだな。
Apple Music から Spotify へ - 佐々木正悟のライフハック心理学

また、こんな記事も。
Apple Music、なぜアメリカでSpotifyを抜いた? 音楽の聞き方から考える、両サービスの特性|Real Sound|リアルサウンド テック

国によってはApple musicも強いんだなぁ。
動画は確かに強いよね。

それとApple musicはApple watch単体で音楽が流せる。少し前にリリースされたSpotifyApple watchアプリはそれが出来ない。

iPhoneを家に置いてWatchだけ装着してジョギング
をする様な人にとっては重要な機能と言えるだろう。

まとめ

このように機能的にも価格的にも大差がない両サービス。それ故に決め手がなく迷う人も多いうわけだ。

人に薦める場合、iPhoneユーザーならApple musicを薦めるかもしれない。
と言いつつ迷う。

まだまだ両サービスは進化しそうだしこれからの展開からも目が離せない。

PS.最近Spotifyポッドキャスト再生アプリとしても頭角を現している。