LONELY COYOTE PUSH!!

ロックユニット「ロンリーコヨーテ 」がオススメを綴るブログ!!

カルテット観たよ!【雑感】





満を辞して蒼天航路を読み始めた道中、カルテットを知り4日程で一気に観終えました。



image





久々のドラマ



とにかくここ7.8年テレビを殆ど観てないので比較が出来ないんだけど、やっぱり変わってるのが好きだなぁ。



空気感としてどこかTRICKぽさを感じたり。変わってる人がそのまま許され存在してる感じ。



セリフ

まず書かないとなのがあのセリフ回し。



賛否あるみたいだけど好きだなぁ。基本敬語でメンバー間の絶妙な距離感が保たれてるのが面白い。表情は基本真顔で余り取り乱さない。なんかコントの様な形式がテンポ良くて。



最近持論で「敬語はコミュニケーションにおける弊害」って思ってたんだけど、カルテット観るとそうでもないのかもね。笑



言葉ではなく、胸の中の思いがしっかり届いてる感じが良かった。



すずめちゃん

もうゾッコンでしたね。



特に序盤。



まあ、言うまでもなく普通に可愛いんだけど何より惹かれたのが【服装のダサさ】



これは上記のTRICKの主人公「山田奈緒子」や「壇蜜(私服がダサいらしい。)」男なら「中居くん」の系譜でして、



素敵なのにファッションがイケてないっていう一点の「隙」が堪らなくそそるんです。



逆も然りで、ファッションに滅茶苦茶拘ってる人って意識高いイメージでなんかバリア感がある気がします。





これに関して凄くに顕著だなぁって感じたのが、後半仕事を始めてスーツにポニーテールのすずめちゃんにはそれほどグッとこなかったの。笑



演奏中のバッチリメイクでさえギリギリ。



やっぱりあの野暮ったい服とボサボサの髪の毛が1番惹かれた。



それとすずめちゃんをチェロにしたのも完璧過ぎる。

他のメンバーの誰よりもあの大きなケースを背負う姿が魅力的。



これは「女の子が大きなワイシャツを着た魅力」が昨今「女の子がギターを持つ魅力」に変わり、これの応用系とも言えるのではないだろうか。





それと、目が笑ってないアリスちゃんとは逆で、他のパーツ以上に笑ってる彼女の目が良かっです。



アリスちゃんに伝授されてベッドで誘惑するシーンはヤバかった!!



家森さん

テレビをホントに観ないので高橋一生さんの事はほぼ初見だった。



最初は声が良い人だなぁって位だったんだけど、どんどん感情移入しました。



「相手が自分を好きになる可能性が低いから、人を好きにならない。」なんてもうもうもうですよ。キますねぇ。



すずめちゃんへの想いは微塵もダサなかったし。子供と別れる時は泣くし。

男だなぁ。



おわりに

終わってみると「嘘つきは誰?!」的な煽りや、メンバーの過去もそこまでエグくなく、最初は期待外れな気もしたけど結果良かったかな。



やっぱり1番好きなのが別荘での平和なシーンなので。



それ故ラストも展開は別として、まだまだカルテットは続くよ感が良かった。





観たキッカケは「山田玲司ヤングサンデー」でとりあげられてたからなんだけど、やっぱり人が面白いっていうものはチェックしないとですね。



確かドレスコーズマグで志磨さんも勧めてたんだよなぁ。



おっくんも言ってたけど、リアルタイムで1週間空けながら観るとまた全然違ったんでしょうね。



ドラマをまた観始めようかな?と思える一作でした。





カルテット Blu-ray BOX
松 たか子
2017-07-07






カルテット DVD-BOX
松 たか子
2017-07-07