GUITAR★COYOTE

GUITAR COYOTEの日々の泡

彼のオートバイ、彼女の島に憧れて

f:id:rollingtheta:20210320075425j:image

自分が今の愛車w400に乗るきっかけになったのは大好きなバンドTHE COLLECTORSの古市コータローさんの影響だ。

 

 

https://www.instagram.com/p/CHIM6qBJ-4cWzH8DLW1v63NKixP8iNuf6uAHP80/?igshid=rj87d3fg8w95

 

実はそれまで400というバイクを知らなかったのだが、あまりにもドストライク!

 

これしかない!という一目惚れを与えてくれたバイクだ。

 

そんなW400に乗って早3ヶ月程経つがふとマフラーを変えたくなった。

 

 

それまで全く興味がなく、ノーマルでいいやー。って感じだったけど、YouTubeでマフラーを変えている人の排気音を聴いて痺れてしまったのだ。

 

いや、本当の理由は違う。

このマフラーとの出会いである。

 

 

いい音でしょ?!

 

てもね、違うんだ、注目すべきところはそこじゃない!!

 

ここ!ここ!

 

「W1タイプ」

 

きたーーー!!

 

という事で、W1とはWシリーズの元祖のバイクなんです。

 

W1にまたがるコータローさん。

https://www.instagram.com/p/CHCIpi_JIP0VaK9En_CTYcmTmLJLKMfiPUu6yU0/?igshid=1o5v2rjd7pkkz

 

Wの1番好きなところはレトロなデザインなんですけど、そんなWの最もレトロなモデルがW1であり、それをイメージしたマフラーなんて買うしかないでしょう!!

 

因みにタイトルにしている「彼のオートバイ、彼女の島」っていう小説にはW1の後継車「650RSW3 」といバイクが出てくる。

 

名前の通り3代目Wだ。

J Soul brothersではない。

 

この小説、まだ読み始めたばかりなんだけど、描写がリアルでほろ苦くて引き込まれる。

 

まあ、なによりも「カワサキ」と呼ばれてるバイクと主人公がGibsonハミングバードを所有しているあたりがもうたまらない設定だ。

 

そう、この小説まだ読み終えてないんだけど、作者の義男さんの「人生は野菜スープ」はコータローさんのバイブルであり、そんな片岡さんが書いたバイク系小説は必読なのだ。

 

 

というわけで、このWタイプのマフラーに運命的出会いを果たしてしまった俺は注文して、今週末に取り付ける予定なのだ。

 

我が愛車がW800があったフィーリングのナイスな音を奏でる瞬間が楽しみでたまらない!!!

 

 

 

彼のオートバイ、彼女の島

彼のオートバイ、彼女の島

  • メディア: Prime Video
 
彼のオートバイ、彼女の島

彼のオートバイ、彼女の島

  • 作者:片岡義男
  • 発売日: 2015/07/01
  • メディア: Kindle版
 

 

人生は野菜スープ (角川文庫 緑 371-8)

人生は野菜スープ (角川文庫 緑 371-8)

  • 作者:片岡 義男
  • 発売日: 1980/03/01
  • メディア: 文庫