GUITAR★COYOTE

GUITAR COYOTEの日々の泡

アン直を目指したら何故かエフェクターが増えた話。第7話

f:id:rollingtheta:20210320100837j:plain

アンプ直結

アン直、すなわちアンプ直結ってのはロックギタリストの憧れだ。

自分の好きなギタリストの中にもアン直の人はちらほら居る。
そんな中の筆頭、マイギターヒーローのギターウルフセイジさんはこの動画の中で「エフェクターは上手く使えないし、ケースを持ってステージに出てくるのはカッコ悪いじゃん。」と話してる。

確かに!

スタスタギターを持って歩いてきてアンプにストレートにグサッ!とシールド挿して演奏始めるのはカッコいい!

まあこんな話もあったし、荷物はできる限り減らしたいし、電池やらアダプターやら結構気を使うし、何よりそんなに複雑な音は求めていないしって事で自分も
アン直でいこう!と決意したのだ。

アン直チャレンジ

という事で、先日自分のアンプにシールドを挿し、ギターを鳴らしてみた。

イメージしてるのは「ギュイーーン!」と歪んだ音。

しかし、どんなにツマミを回してもギターの音は歪んでこない。

あれあれ?

そこで必殺Google検索をかます!

結構な時間このアンプのレビューや仕様を調べて分かった結論。

このアンプはあまり歪まない!!



このアンプはMarshallの名機「1959」のサウンドを20wで!みたいなコンセプトで作られたんだけど、そもそも1959って歪まないみたい。


いやーロックアイコンというか、数々のロックギタリストが使ってきた!っていうんでギュインギュインかと思ってましたよ。←あさはか

からのエフェクター

で、こんな感じでMarshallのこと調べてると自然と西くんのインタビューに辿り着くわけですよ。
俺の場合はね。

で前に1度読んだやつなんだけど再読。そこでばドレスコーズのツアーで200wのMajorっていうアンプを使った話をしてます。

でねそのMajorってどんなんかなー?なんで調べてると現れたのがMENATONEのPIGってエフェクターなんです。
f:id:rollingtheta:20210320100225j:plain

なんか西くんのインスタかなんかで見覚えがあったのですが、そのようなアンプをシュミレートしたものだとは知らずに特に気にもしてなかったんです。


で、ここからがまた一悶着。

ネット上をいくら探しても在庫がない!メルカリ、ヤフオクにも無い。

終いには西くんとも交流のある機材に詳しい方にツイートで聞いてみるも「多分入手は難しいかな?」との事。


諦めてから約1週間、何気に検索窓にMENATONE PIGと打ってみるとまさかのヒット!

楽天で3店舗も!これは?!と店に問い合わせてみるとメーカーに有りそうとの事。

週明けに確認したら在庫あり!

という事で見事ポチりました。

エンドロール

ああ、長くなっちゃった。

まとめるとエフェクターなんて使わないでいくぜー!!と意気込んだらなぜかエフェクターが1個増えたよって話でした。

ただフォローしとくとマイアンプは歪まない故に歪み系のエフェクターと相性が良いらしいので、このアンプに最小限のお気に入りのエフェクターを繋いでいく!ってスタイルでかましたいと思いまーす。


チャンチャン。