GUITAR★COYOTE

GUITAR COYOTEの日々の泡

ドラマーは探すより作れ!

f:id:rollingtheta:20210516233218j:plain


長らく1人で音楽活動をやってきました。

ドラムは機械で鳴らして。

これはリンダ&マーヤを見て感銘を受けて始めたスタイルです。

 

1人は楽だ!最高だ!

なんて基本的には思っていたんですけど、極たまに1人でスタジオに入って、演奏を撮影した動画を見た時にふと、寂しくなるんですよねぇ。

 

そんな寂しさに久し振りに襲われたのが約1ヶ月前のスタジオの時でした。

 

とは言っても知り合いでドラマーなんて居ないわけです。 

そこで前から迷ってた作戦を敢行!!

 

友達を何も言わずに呼び出しスタジオに連れて行きスティック持たせて8ビートを教える!

 

以上!

 

これでバッチリでした。

 

どの位バッチリだったかというと、彼は

翌日後輩の家から古いドラムセットを借りてきて、翌週には電子ドラムを購入しました。

 

いやー、我ながらこんなに上手く行くとは。

 

ただ自分の立場になると分かるんだけど「ドラムやらない?」っていきなり言われても楽器経験無かったら絶対ビビっちゃうと思うんですよね。

 

でもいきなりスタジオでスティック渡されたらなんとなくやっては見るわけです。

 

ギターとかより挑戦しにくい楽器なので、やる機会ってのを与えるのが一番だなと。

 

それと、ネットとかで「メンバー募集」で探すと人柄とか自分と気が合うかが分からないですよね。

 

でも既に友達ならそこは間違いない訳です。

 

そして何より社会人になってバンドやる場合大事なのは「時間がとれるか。」です。

 

結婚して外に出れません族は無数に居ますし、他に趣味があってバンドなんて出来ません族も居るでしょう。

 

そこら辺を鑑みて選びました。

 

結果大正解!!

 

 

結論

タイトル通り、ドラマー(バンドメンバー)は探すより作れ!!

 

です!

 

因みにベースも同じ手法で作る予定です。

 

そしてこのフィーリングにピッタリな映画を昨日観ました!

やっと観たー!

音楽

音楽

  • 岩井澤健治
  • 日本映画
  • ¥2037