GUITAR★COYOTE

GUITAR COYOTEの日々の泡

型にハメない、ハマらない

ロックンロールジェットスクール

ちょっと時間が経ってしまったが、GWはこれを観た。

敬愛するギターウルフセイジさんがジャンルに関係なくロックなものたちを紹介するイベントだ。

上のツイートのある様に本当に幅広くロック!を教えてくれた。
印象的だったのは「ドアの閉め方」や「服の脱ぎ方」にもロックンロールは宿るってことだ。


第2部ではセイジさんの弾き語りライブが行われたんだけど、途中「誰かドラム叩ける奴いない?」って言って客席からねーちゃんをステージに上げて叩かせたのが最高でね。

そのねーちゃんも最初は戸惑ってたんだけど、最後はめちゃくちゃ楽しそうでさ、これぞロックンロール!!って感じでした。

チャックベリー

メンバーをその場で調達って言えば「チャックベリーは楽器もメンバーもツアー先で調達する」っていう逸話がありますよね。

セイジさんのラジオ「火星ラジオ」のこの回でチャックベリーのこんな感じのエピソードが話されてます!


open.spotify.com

「今日は何の曲をやるの?」

「チャックベリーの曲だ!」

とだけ返してジョニー・B.グッド始めるとかカッコ良すぎるぜ!


THE杉並組

先日のライブ前日にドラムの高地さんが体調不慮でダウンしてしまった杉並組はリモートで高知さんとテレビ電話を繋ぎつつパソコンでドラムを鳴らして演奏した模様です。


うむ、この臨機応変なんでもあり!
型がないのがロックンロールですね!

音楽

そしてこちらも肩にハマらないロック!

音楽

音楽

  • 岩井澤健治
  • 日本映画
  • ¥2037

ベースとベースとドラム(ドラムセットの1部)という設定だけで5億点です。

個人的にはあの初めて音を出した瞬間で映画が終わってもいいくらい!!

2人で音を鳴らす楽しみは最近感じてるんだけど3人はまた格別なんだろうなー。