シータの味な粋電波☆note

GUITAR COYOTEの日々の泡

ライブMC@横浜BAYSISの巻 池袋交差点24時 S1 #16

都会生まれと田舎生まれ

同じ京浜東北線でも熊谷向かうより横浜の方が上がる。
コータローは大都会の真ん中でひっそり育った「根性大根」みたいな男。
リーダーは埼玉片田舎、海がない。海に憧れる。

ボケ?!マジ?!

リーダー「このライブハウスはいつぶり?」
コータロー「忘れたふりしてるけどさっき教えたでしょ!」
わざとか天然か微妙だった。

2界目なのにライブハウスのホームページには「恒例のコレクターズライブ!」と表記。
今後の展望か?!

ニューリカー

新種の酒を飲むコータロー。便は毒薬っぽい。
昔の理科室にあったやつ。
病院にもあった。

ツボで風邪治療?!

昔目白にひどい医者がいた。
風邪で医者に行ったらおじいさんの先生は当時ツボを研究してた。
「君くらいの風邪ならツボで治る!」と言い切った。
「痛い!」と言っても辞めてくれなかった。

結局治らなかった。

COLLECTORSがCOLLECTORZに?!

ロンドンでサルモネラで倒れたリーダー。
3日間誰もリーダーの部屋には来なかった。
小里くんは「死んだ方が良い。」と言った。

現地で連れて行かれた病院の医者がインド人だった。カレー作りそう。

風邪だね。ヴィックス買って帰りなさい。で終わり。

リーダー以外の3人で会議。もしリーダーが居なくなったら。
COLLECTORSのSをZにしよう!と話してた。

ランキング落ちた!

悲しいニュースが有ります。
ポッドキャストの順位が落ちた。
落ち込む2人。

コータローは毎朝iTunes Storeでチャートをチェックしてから家を出る。
コータローはランキング上位はクラシック勢だからしょうがない!と自分に言い聞かせてる。
クラシックに罪はない。

ふるいっちゃん!

コータロー、小4の頃授業参観。音楽。
先生は普段怖いこに猫をかぶってた。
普段は呼びつけなのに「〜くん」、「〜くん」と呼び最後コータローには「ふるいっちゃん」
その時から大人を信じられなくなった。

伊藤銀次さんはその昔小里くんに電話をかけて「オサトさん?コリくん?」と放った。

コータローは間違われても訂正しない。
居酒屋で「こいちさん来たよ!」と言われたが恥をかかせるから無訂正。

従兄弟と電話

リーダーがコータローと出会った時、コータローは森田さんの家に居候してた。
エッグマンのマッチに電話番号と「森田」と書かれ渡されたリーダー。
そこに電話したリーダーは従兄弟だと気付かずに10分ほど話してた。

「エッグマン・マッチ」という曲作る?!

50になったリーダーはどんな形に?!

先日「加藤くんはアビイロードのポールマッカートニーみたいなファッションが良い。」とアドバイスした。

その辺の人が見ておしゃれ!と思う様じゃダメ。
3年後くらいに「あ、あれはおしゃれだったのか!」と気付く感じ。

ステテコも横浜から全国へ

コータローはもうステテコでよい。
どこかでステテコを受け入れてほしい。

こんなご時世でライブに来てくれてる人は親より愛してくれてる。

ステテコは横浜限定から。
コーラやファンタも横浜で実験してから全国に出した。

「横浜だから来る人手をあげて!」少ない!
浜っ子はシャイ。

もう1人の俺

コータローは最近変。ホルモンバランス?!盛りがついてる?!

もう1人のコータローは楽屋にいる。幽体離脱?!

コータローはホテルで怖くて電気が消せない。


本来コータローは地に足が付いた男。桜の木みたい。
根が張って、通りの向こうまで伸びている。

今年はフワフワ夏みかんの木みたい。

今日はリーダーもコータローも自分じゃない感じだった。
エクトプラズムライブ!

今日は返しが聴こえなかった。
金縛りトーク。

もうライブで喋り過ぎるのやめようか。

エンディングトーク

コータローの高校時代、化学の先生の授業の第一声は必ず「で、まず、あれか」だった。
ある日生徒が先に言っちゃったら、照れ笑い。かわいかった。

今度ツアーで鹿児島行くから「旅のしおり」作ろうかな。

木曜日こっそり更新。
無料だからノーリスクノーリターン。

チャート落ちてる。30位以内から出たら辞める!
1人5ダウンロードすること!